ヤノフ村の織物
5月にお知らせした
大分市、布屋ビルさんの催し「ポーランド暮らしの工房展」

もちろん行ってきたのですが
カメラを忘れて、画像がありません。
ので・・

私が連れ帰った、ヤノフ村の織物をご覧ください。

展示空間が、ややコンパクトになり
織物作品の量は、前回よりも少なめでした。(といっても素敵な物がありましたよ)

今回は全体に落ち着いた色目の物が多く
インテリアに取り入れやすい印象。

そんな中で気に入って手にとったのが
このクッションカバーでした。
e0292988_16322049.jpg
お店では、木製の小鳥のブローチを沢山つけて
壁にかけてあったのですが
お願いして外していただきました。
模様になんとなく魅かれてしまって連れ帰ることに。

山ぶどうか何かのつるに
鳥がとまっているような模様です。

テーブルルームのベンチに載せてみたら
あらぴったり。
e0292988_16322791.jpg
ちょっと変形なので
詰め物は自分でチクチクしましょう。

ヤノフの織物の素朴さには不思議な魅力がありますね。

機会があったらポーランドにも行ってみたいなあなどと
布屋ビルさんともお話ししたのでした。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。
[PR]
# by teorimonogatari | 2016-06-20 16:34 | 感想雑記 | Comments(2)
Kさんの裂き織り
ここのところ
展示会の情報がつづきましたが
織物教室の皆さんも
素敵な作品をどんどん織っていますよ。
e0292988_08032926.jpg
先週、Kさんの裂き織が機からおりました。

ランチョンランナー(長めのランチョンマット)
として織りました。
e0292988_08034203.jpg
洋裁をされるKさんは
手持ちの茶色い布を少し抜染して、黄色系で染めたそうです。
明るめのカーキが良い色目ですね。
e0292988_08035662.jpg
「織ると、苔むした森の土みたい・・・」とKさん。
素敵な表現。確かに織ることで陰影が出ます
経糸と緯糸にも一工夫。網代織を応用しています。
e0292988_08040405.jpg
裂き織りでも
硬くならず、柔らかな仕上がりです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。
[PR]
# by teorimonogatari | 2016-06-16 08:05 | 教室 | Comments(0)
福岡に行ってきました
8日水曜日に
現在福岡で開催中の
二つの工芸展に行ってきました。

まずは三越で開催中の第51回西部伝統工芸展から。
平日にもかかわらず、会場は沢山の来場者で賑わっていました。

中は撮影禁止ですので入口の様子です。
工芸技法の映像が放映されていて
多くの方が熱心に見ていらっしゃいます。
e0292988_13035178.jpg
染織関係では
今年は沖縄の方の出品が多かったように感じました。

大賞の脇山さんの作品 博多織男帯「風渡る」
は大変洗練されたデザインで
心地良い抑制を感じます。



続いて第50回日本伝統工芸染織展開催中の岩田屋へ。
e0292988_13040018.jpg
こちらの会場は天井が低いせいか
明るく感じられます。

西部とはまた違い、全国の染織工芸が集まっていて
素材、技法、意匠など本当に様々です。
拝見していて、とても勉強になります。

こちらでも入賞された脇山さんの経浮織帯「せおはやみ」
とても清新な意匠で
強さも有り、引き込まれるような魅力があります

同じく受賞された
福井貞さんの手紡木綿絣着物「砂山」
手紡ぎ糸で織られた、何とも言えない風合いに魅かれました。

13時からの解説では
私の作品も講評していただきました。
叱咤激励のお言葉大変うれしかったです。


そして今年も,
いつもブログを拝見している
「アトリエひなぎく」のひなぎこさんにお会いしました。
今回はお茶もご一緒できて
またまた織物談義に華が咲き、楽しいひと時でした。

本当に嬉しく、充実した気持ちで
別府への帰路についた私なのでした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。
[PR]
# by teorimonogatari | 2016-06-10 13:04 | ものづくり情報 | Comments(2)
明日からです
2つの展示会のお知らせです。

今日から、第51回西部伝統工芸展が始ります。

6月7日(火)~12日(日)入館無料・展示販売
福岡三越9階=[三越ギャラリー]/岩田屋三越美術画廊
開館時間10:00~20:00・最終日は17:00閉館
[展示内容]陶芸・染織・漆芸・金工・木竹工・人形・諸工芸
最高賞である朝日新聞社大賞を、染織部門の脇山俊明氏が受賞されています。
e0292988_08224970.jpg
毎日正午から作品解説があります。
(11日と12日はそれに加えて14:00からも解説あり)
加えて、毎日15:00から
作者が自作について語るミニトークがあります。(約15分間)


そして明日8日からは、第50回日本伝統工芸染織展も始まります。
6月8日(水)~6月13日(月)入場無料・展示販売
岩田屋本店7階展示ギャラリー
開館時間10:00~20:00・最終日は17:00閉館
e0292988_08225645.jpg
8日は築城則子氏、12日は鈴田滋人氏により13:00から作品解説があります。(約一時間)
9、10、11、13日は作者本人による自作についてのミニトーク(約15分)がおこなわれます。

また、森口邦彦作 訪問着「白地位相割付文 実り」
[染織工芸の可能性 ショッピングバッグへの展開の]の特別展示もあります。

今回私はこちらの染織展の方に風通織着物を出品しております。

二つの展示会は会場も近く、
優れた工芸品をまとめて鑑賞できる大変良い機会だと思います。
お運びいただければ幸いです。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。
[PR]
# by teorimonogatari | 2016-06-07 08:24 | ものづくり情報 | Comments(0)
もじり織―光と風を感じて―
今日5月31日から、田川市美術館にて
松田えり子さんの個展がはじまりました。
e0292988_20081703.jpg
松田えり子作品展
 もじり織―光と風を感じて―
2016年5月31日(火)~6月12日(日)[入場無料]
9:30~17:30(入館は17:00まで)
月曜休館。最終日は16:30閉館
e0292988_20083440.jpg
着物、帯、ショールなど30点を展示
ギャラリートーク6月4日(土)14:00

田川市美術館
福岡県田川市新町11-56
℡0947-42-6161

松田えり子さんは
長年、振綜絖(ふるえそうこう)を使い
薄物にとりくまれています。
e0292988_20084724.jpg
精緻な織と色彩は
まさに、光と風を素材につくりだしたようで、
拝見すると、本当に魅了されるのです。
e0292988_20094148.jpg
これだけまとまって
松田さんの作品を拝見できるのは
めったにないことです。

ぜひお運びください。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。
[PR]
# by teorimonogatari | 2016-05-31 20:10 | ものづくり情報 | Comments(2)