アートプラザとエミリ・ディキンスン
10月に開催予定の織物作品展が近づいてきました。

先週、会場として予約している
大分市のアートプラザに行ってきました。
事務所に 作品展の案内ハガキを届け
確認作業を少々。
開催に向けて気持ちも、徐々に高まってきました。
e0292988_23381333.jpg
せっかく大分市に出てきたので
ちょっと寄り道。
シネマ5で上映中だった
「静かなる情熱―エミリ・ディキンスン」を観てきました。

生前わずか10篇の詩を発表し、無名のまま生涯を終え
没後発見された1800篇近い作品により
「アメリカ文学史上の奇跡」と讃えられる
女性詩人エミリ・ディキンスン。
e0292988_23391335.jpg
観る前は古き良きアメリカが描かれた
癒し系の映画かな?と思っていました。
たしかに映像は美しいのですが
癒し・・というよりは 
彼女の生きかたが 観ていて 苦しくもありました。

19世紀という時代。敬虔なカトリックの良家。
夜、詩作をするにも父親の許可が必要で
詩が新聞に掲載されても 修正が入り
女性であるが故の、辛辣な批判も。
受け入れてもらえない苦悩。
そんな もがきの中から詩が生まれていきます。

私は不勉強で彼女の詩をほとんど知りませんでしたが
劇中のナレーションで入る詩の数々は
はっとするような、新鮮な言葉で紡がれています。

彼女の詩は後の文学や音楽などに
大きな影響を与えたそうです。
サイモン&ガーファンクルの歌「エミリー・エミリー」
透明感なある歌で 昔好きだったのですが
ディキンスンに捧げたものだったとは知りませんでした。
e0292988_23394485.jpg


「静かなる情熱―エミリ・ディキンスン」
大分市での上映は終わりましたが
全国ではこれから公開が続くようです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。
[PR]
by teorimonogatari | 2017-09-24 23:40 | 感想雑記 | Comments(2)
Commented by atelier-hinagiku at 2017-09-28 12:52
アトリエひなぎくです。
もうすぐなんですね。準備お疲れ様です。

映画、またもや策略に引っかかって、観たくなりました。
でも、まだ福岡でやってないです(T_T)
覚えておけるかどうか…自身がない…(^^;)
Commented by teorimonogatari at 2017-09-28 19:35
ひなぎくさん、どうもです。
教室の皆さん、作品の仕上げや、展示の仕方、タイトル決め等、わくわく、ドキドキ、ざわざわしてきました。

映画でディキンスンに出会えました。
私もなかなか観に行けないんですけど、
映画はやっぱり興味の幅を広げてくれますね。
<< 今年の案内ハガキです 第64回 日本伝統工芸展 >>