2013年 03月 23日 ( 1 )
藍色の美
 絞り染めの作品展のご紹介をします。

 安藤宏子の豊後絞り教室
 第21回 ぶんご遊草会作品展―藍・絞染―
 会期:2013年3月25日(月)~4月1日(月)
 時間:10:00~17:00(但し3/25は13:00より。4/1は13:00まで。)
 会場:アートプラザ(大分市荷揚町3番31号=大分市役所隣り)℡:097-538-5000
e0292988_21114180.jpg

 途切れていた豊後絞り染めの技術を
 安藤宏子さんの指導の元制作を再開、継続しているのが、ぶんご遊草会の皆さんです。
 年に数回は作品展を開き、技術の研さんにつとめていらっしゃいます。

 今まで何回も観せていただいているのですが、
 その造形の多様さにいつも驚かされています。
 私は絞りはしませんが、
 素人目で見ても、様々な技法が使われていることがわかります。

 そしてなによりも惹かれるのが、
 絞りの滲みの中に表れる、色彩の諧調の美しさです。

 絣織技法の(絣足)という色の「かすれ」にも、同様の美しさが有りますね。
 こうした「滲み」や「かすれ」を美しいと感じることは、
 日本人の美意識の特長だと思います。

 そしてそのグラデーションの美しさを、もっとも引き出せる色が
 藍色なのではないでしょうか。
 
 
 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると、順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。

e0292988_171331.jpg※ 織物教室の見学、体験をご希望の方は、右上の “ プロフィールを見る ” から電話でお問い合わせください。、非公開コメント(鍵コメ)で、メールのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。
[PR]
by teorimonogatari | 2013-03-23 21:13 | ものづくり情報 | Comments(0)