カテゴリ:学びの場( 9 )
2月2日から

明日から第62回 日本伝統工芸展・福岡展が始まります。

■平成28年2月2日(火)~7日(日)*最終日は午後5時閉館
■福岡三越9階ー[三越ギャラリー]入館無料
e0292988_11513793.jpg

作品の理解がさらに深まる解説も
以下のように行われます。
 
e0292988_11514679.jpg
 2日 正午~唐澤昌宏(総論)
 3日 正午~ 松枝哲哉(染織)
 4日 正午~ 岐部笙芳・菅生均(木竹工)  
 5日 正午~ 白水章(人形)
 6日 正午~ 大和保男(陶芸)
   午後2時~堀尾信夫(諸工芸)
 7日 正午~鈴田滋人(染織)
   午後2時~福島善三(陶芸)

尚、会期を合わせて
第39回 西部染織作家展も開催されます。(私は出品していません。)
会場は9階=美術画廊です。
ぜひお運びください。

さて、ブログ用のカメラのカードはなんとか治ったのですが
復旧のため、撮りためていた画像は一旦すべて消去してしまいました。
また一から撮ってアップしましすので
もうしばらくお待ちくださいませ。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。
[PR]
by teorimonogatari | 2016-02-01 11:55 | 学びの場 | Comments(2)
今日から始まりました
今日 6月11日(水)から
博多の岩田屋本店7階に於いて
日本伝統工芸染織展が始まりました。
e0292988_23521374.jpg
私は昼過ぎに会場に着きました。
午後1時から木版染めの鈴田滋人先生の解説があり、
丁度聞くことができて とても勉強になりました。

今回は染織部会だけの展示なので
染め、織りに興味のある方にとっては
作品も多く、見ごたえ充分の内容です。
ぜひお運びください。
16日(月)までの開催です。午前10時~午後8時(最終日は午後5時閉場)
e0292988_23522600.jpg
今日は研究会も有り、
江戸文化研究者 中野三敏先生のお話を拝聴。
「江戸の色見本帖」などの古い文献を直に拝見しました。
充実感一杯で 大分への帰途につきました。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。
[PR]
by teorimonogatari | 2014-06-11 23:58 | 学びの場 | Comments(0)
明日から始まります
今朝の別府は
薄グレーの雲に覆われ
すっきりしない 空模様。
今にもパラパラと雨粒がおちてきそうな気配です。

明日から福岡三越に於いて
【第49回西部伝統工芸展】が始まります。
会期:5月27日(火)~6月1日(日)
開館時間:午前10時~午後8時 最終日は午後5時閉館
 福岡三越9階三越ギャラリー(入場無料・展示販売)
e0292988_09325001.jpg
期間中、毎日正午から会場にて作品解説があります。
5月27日:今泉今右衛門(陶芸)
  28日:大城哲(染織)
  29日:岐部笙芳(木竹工)
  30日:白水英章(人形)
  31日:福島善三(陶芸)
 6月1日:築城則子(染織)

今回出品した 風通織木綿着物[風の回廊]が
NCC長崎文化放送賞を頂きました。
大分県での展示予定はありませんが
福岡へお出掛けの折は、
またお近くの方は 是非お運びください。

6月18日(水)~6月23日(月)の会期で
熊本市 鶴屋百貨店に於いて開催予定です。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。
[PR]
by teorimonogatari | 2014-05-26 09:41 | 学びの場 | Comments(0)
日本伝統工芸展in福岡
今日から福岡三越9階[三越ギャラリー]に於いて
第60回日本伝統工芸展が始まります。

優れた技の数々を直に目にできる
貴重な機会。
お近くの方はぜひ。
e0292988_09180913.jpg
私は残念ながら都合がつかず、
足を運べそうににありませんが・・・

16日まで、毎日正午から作品解説も有ります。
染織の作家さんでは
12日は森口邦彦氏、
16日は鈴田慈人氏、御二方の解説です。
e0292988_23395831.jpg
本日午後二時からは
関連のトークイベント~日本伝統工芸の「これから」~
があります。場所はレソラNTT夢天神ホール
(注:入場整理券の配布はすでに終了しています。)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。
[PR]
by teorimonogatari | 2014-02-11 09:21 | 学びの場 | Comments(2)
第九回 試作竹筬と織布展

 ご紹介が遅くなりましたが、今日14日まで
 竹筬と織布の展示が開催されています。

 『第九回 試作竹筬と織布展―甦らせるぞ・竹筬―』
 開催日: 平成25年3月13日(水)~14日(木)
 会場: 岐阜県瑞穂市総合センター 2Fあじさいホール
      ℡058-327-7588
e0292988_0112644.jpg

平成14年から継続し活動している、日本竹筬技術保存研究会による展示で、今回が九回目になります。
平成23年9月より、国宝重要文化財等保存整備費補助金を受け活動をしています。

 竹筬への理解をより深めてもらうために
 作家の皆さんが試作竹筬で制作した織布も、合わせて展示しています。
 (私もハギレで参加しています。)
 
 近年竹筬を観る機会も少なくなり、貴重な展示になっています。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると励みになります。よろしくお願いします。

e0292988_171331.jpg※ 制作や教室等については、右上の “ プロフィールを見る ” でご確認下さい。もしくは、非公開コメント(鍵コメ)にて、メールアドレスをご記入のうえ、お問い合わせいただければ幸いです。
[PR]
by teorimonogatari | 2013-03-14 00:11 | 学びの場 | Comments(0)
熊本国際民藝館―身に纏う美しい布たち―
 熊本国際民藝館は、民藝運動家、染織家である外村吉之助氏が、1965年に設立しました。
 現在企画展を開催中です。

 《身に纏う美しい布たち》―麻・木綿・絹・草繊維―
 会期:9月4日(火)~12月24日(月)
e0292988_8521620.jpg


 初代館長である外村吉之助氏が、生前各地で収集した民藝品の中から、
 身に着ける染織品を選び、展示しています。

 今回は特に、麻、木綿、絹、草繊維、という括りで展示しているそうです。
e0292988_8524950.jpg

 外村氏が大分県の日代村を訪ね、村で織られた布も収集したことを、以前文献で読んだことがあるので、大変興味があります。
 九州のみならず、日本各地の今は途絶えてしまった染織品を、もしかしたら見ることができるかもしれません。時間を作って出かけたいと思っています。(海外の染織品もあるようです。)

 次回は「羊毛編」の企画を予定。
 
 
 肥後てまりと、機織りの制作体験もできるようです。
 ホームページでご確認を。
 
 


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると励みになります。よろしくお願いします。

e0292988_171331.jpg※ 制作や教室等については、右上の “ プロフィールを見る ” でご確認下さい。もしくは、非公開コメント(鍵コメ)にて、メールアドレスをご記入のうえ、お問い合わせいただければ幸いです。
[PR]
by teorimonogatari | 2012-12-02 08:54 | 学びの場 | Comments(0)
ワークショップ 『湯の花媒染による草木染め』
 10月6日からはじまった“ベップ・アートマンス2012”も、残すところあと半月。
 工房の近くでも、マップや、(下の写真の)ガイドブックを片手に、アート散策をしている人々を良く見かけます。
e0292988_0353848.jpg

 「project01の東蓮田温泉は、あっちですよ。」と、道を教えてあげたい気もするのですが、「まてよ・・・探して、たどり着くことも含めてアートなんだから・・・」などと、自分に言い聞かせて、見て見ぬふりをしている私です。

 この“ベップ・アートマンス”の催しの一つでもある、別府らしい「染色のワークショップ」のお知らせが届きました。
e0292988_0344283.jpg

 『湯の花媒染による草木染め』
 
 身近な植物で、深みのある色を染めてみませんか?
 
 今回は「葛の葉」と「タマネギの外皮」を染料として用いたストール染めの体験を行います。
 手順を追ってしっかり説明いたしますので、染色をするのが初めてという方もご安心ください。
 また、3日間同会場2階にて、天然染料で染めた作品の展示と販売も行います。
 入場無料ですので、お気軽にご来場ください。
 
 日時: 11月23日 10:00~12:00.  14:00~16:00
        24日 10:00~12:00
      (各回の内容はすべて同じです。1回につき定員は6名です。)
 
 場所: 佐藤渓美術館 (前、聴潮閣高橋記念館) 別館

 参加費: 3500円 
 
 持ち物: エプロン、 手拭きタオル

 ●問い合わせ・お申込み●
  別府現代芸術フェスティバル「混浴温泉世界」実行委員会
  ℡ 0977-22-3560
e0292988_036868.jpg

 草木染め作品の展示、販売は、入場無料。
 ワークショップの実施者は、以前「天然染料会議」で講演会をされた、大分大学の都甲先生の研究室の学生さん達です。
 草木染めでも、湯の花を媒染剤として使ったことがある人は、あまりいないのではないでしょうか。貴重な機会だと思います。お近くの方は、体験してみませんか?


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると励みになります。よろしくお願いします。

e0292988_171331.jpg※ 制作や教室等については、右上の “ プロフィールを見る ” でご確認下さい。もしくは、非公開コメント(鍵コメ)にて、メールアドレスをご記入のうえ、お問い合わせいただければ幸いです。
[PR]
by teorimonogatari | 2012-11-14 00:37 | 学びの場 | Comments(0)
第八回 試作竹筬と織布展
 横浜のシルク博物館に於いて〝第22回全国染織作品展″(~11月25日まで)が、開催中。
 関連の展示として、〝第八回 試作竹筬と織布展″が催されます。
 会期は11月13日(火)~18日(日)。
 
e0292988_9231017.jpg

 竹筬研究会は平成14年に結成。途切れかけた、竹筬制作技術の継承と復元に尽力されています。
材料の竹材の調査、制作技術の研修、織り手との意見交換、使用実験など、復元のために必要な、様々なことに取り組まれています。展示内容は、

  ・試作竹筬による織布の展示
  ・竹筬制作の工程や道具
  ・会員による、竹筬づくりの実演と解説
  ・研修、ワークショップなどのビデオ上映
  
 

 など。近年なかなか触れることが出来なくなった、竹筬について学べる貴重な展示です。
 (私も織布で協力させていただいています。)
e0292988_9243461.jpg

 全国染織作品展と合わせて観覧できる、大変良い機会だと思います。
 ぜひお出掛けください。両展共、博物館の入館料が必要。
 詳細は、シルク博物館のホームページでご確認ください。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると励みになります。よろしくお願いします。

e0292988_171331.jpg※ 制作や教室等については、右上の “ プロフィールを見る ” でご確認下さい。もしくは、非公開コメント(鍵コメ)にて、メールアドレスをご記入のうえ、お問い合わせいただければ幸いです。
[PR]
by teorimonogatari | 2012-11-04 09:25 | 学びの場 | Comments(0)
講演会レポート
 8日に 「ブータン・雲南省の文化と染織」参加してきました。

 会場になった別府市元町の(Platform01)は、ほぼ満席。
 染料顔料の研究者、染織家、ブータン人学生、ブータンという国のファンの方など、参加者のスタンスは様々で、演者の大分大学の都甲先生のお話は、そうした聴講者全体に配慮したものでした。

 前半はブータンの成り立ち、気候風土、衣食住などの紹介。
 そしてブータン東部の染織の産地や、中国雲南省の絞り染などが プロジェクターの画像も合わせて紹介されました。 
e0292988_2395357.jpg

 とくに先生の研究テーマの動物性染料の「ラック」のお話は 大変興味深いものでした。
 虫が巣作りの時に出す体液から抽出する染料で、きれいな赤が出ます。 

 こうした天然染料・顔料で行われる染色が 環境の中で循環する営みであるといううこと。そしてそれが(持続可能)であることに意味があるのではないか?というお話をされていました。染織に係る者は皆考えなければいけないことですね。
e0292988_23153963.jpg

 都甲先生は布も沢山持参されていて、講演後披露されました。
 参加者の方の希望で、ブータンの女性の衣装「キラ」の着付けも行われました。
 実際に着付けると、やっぱり素敵です。
e0292988_2316050.jpg

 会場で一緒になった友人のYさん。(platform01)前に佇むショットです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← 気に入っていただけたら、左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると励みになります。よろしくお願いします。

e0292988_171331.jpg※ 制作や教室等については、右上の “ プロフィールを見る ” でご確認下さい。もしくは、非公開コメント(鍵コメ)にて、メールアドレスをご記入のうえ、お問い合わせいただければ幸いです。
[PR]
by teorimonogatari | 2012-09-09 15:30 | 学びの場 | Comments(0)