<   2017年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
Aさん織り上がり。そしてヤノフ絵織物の本
お盆前に
Aさんの織成技法のタペストリーが機から降りました。
e0292988_21505313.jpg
麻に藍の裂き布が織り込まれています。
図案はもちろんAさんが作成。
e0292988_21511310.jpg
有機的なモチーフは
観る人によって様々な印象に。
イマジネーションが自由に広がる素敵な作品です。
e0292988_21513117.jpg
お盆に帰省する
息子さん、お孫さんに丁度披露できる・・と
Aさんご機嫌でした。

さて私のところにも
[ポーランド ヤノフ村の絵織物]
の本が届きました。

ヤノフ村の手織に初めて出会ったのは2013年の10月。
大分市の布屋ビルさんでの展示でした。

「ポーランドにこんな織物があるのか・・!」と
当時全く知らなかった私は 驚き、感動しました。

自分なりに二重柄織を勉強して教室でも教えていましたから
ヤノフの織物の素晴らしさは、即理解出来ましたし
沢山の人に知ってもらいたいなあと思ったのを覚えています。
今回の出版はとても嬉しいニュースでした。
e0292988_21522053.jpg
良書です。
ヤノフの織物の歴史、伝統文様の成り立ちなども丁寧に紹介されていて
藤田泉さんのヤノフ村への深い造詣が溢れています。
民俗学的にも貴重な内容になっているのではないでしょうか。

織技法紹介も詳しく
想像以上のボリュームです。
作図自体とても貴重な物。

ヤノフ村の織手の皆さんと
テキストを作られた秋元尚子さんへの
感謝を忘れず
教室の皆さんと勉強し
織を楽しみたいと思います。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。

[PR]
by teorimonogatari | 2017-08-20 21:54 | 教室 | Comments(2)
ミツバチのささやき
今日はひさしぶりに映画の話題を。

「ミツバチのささやき」1973年公開の映画です。
何回かリバイバルになり
気になりつつ チャンスがなくて
観れていませんでした。

7月に大分市のシネマ5にデジタルリマスター版が、かかるということで
ようやく足を運びました。
e0292988_19325936.jpg
セリフが極端に少なく、画面も暗いので
前半の10分ぐらいは
不覚にも居眠りをしそうだったのですが
主人公アナの姉による悪戯のあたりから
いつのまにか 監督のビクトル・エリゼの世界に入り込んでいました。

ストーリーには触れませんが、
感受性豊かな子供だけが持つ、見えない物へのあこがれ、畏敬、
そして成長がテーマかな・・と。
映像も美しく、まさに色褪せない作品でした。

内戦時のスペインが舞台なので
政治的なメッセージも含まれているそうですが
当時の時代の空気を知らない私には
深く読み取る術もありません。

子供の目線で事象捉えた映画は
自分が年を重ねてよく観るようになりました。
きっと、無くした物への渇望なんでしょうね。

・けがれなき悪戯
・禁じられた遊び
・マイライフ アズ ア ドッグ などなど・・
・トルコ映画・ユスフ三部作「蜂蜜」
  (これはミツバチのささやきへのオマージュを感じます。)
 わかりやすいところでは
・小さな恋のメロディー
・リトル・ダンサー
 なんかもそうでしょうか。

帰宅後ネットで調べていて知ったのですが
宮崎駿監督の「となりのトトロ」は「ミツバチのささやき」の影響を受けているそう。
たしかに附合する点が多いことに気づきます。深いですね。
e0292988_19330929.jpg
ふと、子供のころ母に連れられて行った映画
「僕の心はバイオリン」を思い出しました。
ブラジル映画だったか?
バイオリンに憑りつかれたようになる少年の物語で
ラストシーンはただただ悲しく怖くて
ショックで夢に出てきたほどでした。

今の私にははあの頃のような感受性はありません。
当時は「ミツバチのささやき」の
アナのような目を持っていたのかもしれないと
懐かしく思います。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。

[PR]
by teorimonogatari | 2017-08-10 19:33 | 感想雑記 | Comments(2)
夏の教室で、いつも思うこと

「今年の暑さは尋常じゃないですね~」
皆さん、そう言いながら
汗を拭きふき 教室に入ってきます。

クーラーの前で、一息ついて
汗が引いたら それぞれの作業開始です。

e0292988_14165269.jpg
時々楽しいおしゃべりもしつつ
織と対峙するときは
切り替えて真剣な眼差し。

各自集中しているときは、
踏み木、筬柄、シャトルの音と
CDからの音楽のみ。
涼やかで 静かな時間が流れます。
そんな 皆さんの様子
とても素敵だなあと思います。
e0292988_14170339.jpg

盛夏の中の織物教室は
私にとって
自分の織への姿勢を問い直す機会になっています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。

[PR]
by teorimonogatari | 2017-08-10 14:17 | 感想雑記 | Comments(0)