新しい年
新年最初に久しぶりの更新です。
長く怠ってしまってしまいました。

昨年は秋ごろに私の家族に多くの変化があり
そちらにエネルギーを注いでおりました。
それもようやく落ち着いてきたところです。

もちろん、織物教室は変わらず開講していましたので
教室の皆さんの力作画像はたまっておりまして
「さて・・、どれから載せれば・・?」と思ってしまう事態。

とりあえず最近の作品から紹介していきましょう。
e0292988_13285889.jpg
Aさんの二重柄織の作品。
経糸はリネン。緯糸はジュート系の太い麻です。
ジュートといっても質の良いしなやかなモノ。
e0292988_13291779.jpg
e0292988_13300736.jpg
e0292988_13293766.jpg
腰高ぐらいの棚の上に飾る「ランナーにする布を織りたい」と制作。

久しぶりの二重柄織&経糸が一色のため
最初は少し手間取っていたAさんですが
じきにコツを掴んで織り上げました。
e0292988_13301792.jpg
葉っぱのような模様が可愛いですね。
糸の質感とも会っています。仕上げはお家ですることに。

次はKさんのラーヌ織の作品。クリスマスにむけた作品です。
e0292988_13303879.jpg
e0292988_13310339.jpg
e0292988_13305138.jpg
金や銀のラメ糸、緑のモール糸など素材もいろいろです。
e0292988_13313036.jpg
パターンもいろいろ工夫して。12月15日に織機から降りました。
細かい仕上げは持ち帰ってご自宅ですることに。
なんとかクリスマスに間に合いましたね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。
# by teorimonogatari | 2019-01-01 13:38 | 教室 | Comments(0)
こだわりの作品二点
比較的暖かい日が続き
天候が安定しているせいでしょうか。

教室の皆さん、じっくり意欲的に機に向き合い、
次々 力作織り上がってきています。
e0292988_19534508.jpg
今日は二点ご紹介。
まずFさんの捩力(もじり)織のサンプルです。
e0292988_19551780.jpg
経糸を二重織をのように掛けて
裏、表、全体、部分と
自由に入れ替えながら織ったり捩ったりしています。
e0292988_19541007.jpg
見え隠れするネイビーと白の糸が
捩ることで面白いうねりを見せて。
e0292988_19542681.jpg
そもそも帯の試作で、このサンプルを織り始めたFさんなのですが、
うねりを波にみたてて
タペストリーを作ろうかと今思案中です。
どんな作品に繋がるか楽しみです。

次はTさんの作品。
ひまわりのイメージでとりくんだ
オーバーショットの力作が機からおりました。
糸始末などは今からですよ。
e0292988_19560191.jpg
全体を模様でうめるのでは無く、
半分は一色の平織で。
e0292988_19561994.jpg
e0292988_19563105.jpg
e0292988_19564820.jpg
縦に走るグラデーションは
夏のキラキラした日差しでしょうか。
e0292988_19553717.jpg
見ている私達も
気持ちの明るくなる
素敵な作品です。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。
# by teorimonogatari | 2018-11-28 19:58 | 教室 | Comments(0)
大分で採れる天然染料のお話

11月22日~24日の三日間
大分にまつわる天然染料についての
貴重な学びの場が連続で開催されました。

本日24日(土)は大分大学にて
吉岡幸雄先生による講演会「紫の系譜~紫根と貝紫」。
(8月にOPAMでもワークショップがありましたね。)

23日(金)は竹田市にて紫根染めのワークショップ。
(これは毎年行われています。)
e0292988_21014139.jpg
私は22日夜に大分市ホルトホールであった
「大分で採れる天然染料をめぐる文化と科学」に参加しました。
(教室等の都合で日中の受講はあきらめました。)
e0292988_21010323.jpg
最初に大分県中津市の「NPO法人水辺に遊ぶ会」の足利由紀子さんが
中津の干潟の環境保全、貝紫の染色ができる巻貝アカニシの生態、学習教材としての視点等、
30分お話してくださいました。

e0292988_21230502.jpg
その後大分で採れる天然染料、櫨(ハゼ)とアカニシについて
文化と科学の両方の側面から手染メ屋の青木正明さんがお話してくださいました。
e0292988_21224761.jpg
e0292988_21212107.jpg
青木さんは京都の大学でも非常勤講師をされるなど
天然染料についてとても造詣が深い方。
とくにアカニシによる紫染めを独自に研究されています。
大分大学の都甲先生が取り持つ縁で
「水辺に遊ぶ会」とコラボで2年前からワークショップなど開催しているそうです。

科学的な難しい話も解りやすくレクチャー。
講演の最中は撮影は控えていたので、画像は無いのですが
貝殻に穴を空けて身を出し、パープル腺をすり潰す実演も。
インディゴと極めて似た分子構造を持つので
木綿や麻にも有効で堅牢度も高いそうです。
e0292988_21222483.jpg
神秘的で魅力的な染料ですが、とてつもなく労力が必要。
何百個という単位でアカニシを集めなければ糸や布は染められません。
e0292988_21220351.jpg
「乱獲すれば環境に影響があるかも・・・」と足利さん。
興味本位で軽々に手を出すものではないことを実感。

産業としては難しいが、ワークショップなどの開催で
ツーリズムなど、地域の観光浮揚の可能性はあるというお話でした。
e0292988_21232078.jpg
e0292988_21214231.jpg
(貝紫に熱が入り、ハゼの話は駆け足になりました。)

青木さんの貝紫に対する熱量がとても高くて、
こちらもグイグイ惹き込まれ密度の濃い貴重な時間に。
参加して本当に良かったです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。
# by teorimonogatari | 2018-11-24 21:32 | 学びの場 | Comments(0)
Tさん、Kさんの作品完成
今日の別府は
季節が一ケ月戻ったような温かさでした。
教室open前に掃除をしていると、汗ばむぐらい。

前回ご紹介した
TさんとKさんが織り上がり
機から降りました。
e0292988_20363991.jpg
最初はTさんのミニマフラーから。

e0292988_20365548.jpg
差し込み用のスリットも上手く織れています。
e0292988_20370662.jpg
細かい仕上げと縮絨はこれから。
経糸に余裕があり、配色が綺麗だったので
「予定より長く織ろうかな?」とTさん。
スリットの位置は再考の必要ありですが
一結びしても使える長さに仕上げました。
e0292988_20375439.jpg
実物は画像より少しシックな色合いのように思います。
顔映りもばっちりでとても素敵です。
e0292988_20381021.jpg
今日来ていた、もう一人のTさんも思わず撮影。教室内の評判は◎です。

そしてKさんのブンデンローゼンゴンも
可愛く織り上がりましたよ。
e0292988_20390705.jpg
男の子と女の子の顔を
少し大きめに織ったので
表情もくっきり。
e0292988_20383895.jpg
背景の優しい黄色の杢糸も効果的です。
明るく楽しい作品になりました。
e0292988_20392309.jpg
何よりも今回は
Kさんコツを掴んで自信を持って織っていましたね。
e0292988_20393790.jpg
楽しそうに織に取り組む表情を拝見していると
私もとても嬉しい気持ちになります。

手織ってやっぱり良いものですね!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。
# by teorimonogatari | 2018-11-09 20:43 | 教室 | Comments(0)
ウールの恋しい季節になりました
すっかり更新をさぼっているうちに
澄んだ冷たい風の日も増えて
ウールに触りたい季節になりましたね。

教室でも、自然にウールを織る人が増えています。
今日は三人ご紹介します。
e0292988_23250192.jpg
まずTさんの破れ杉綾のミニマフラー。
一年前にツイードタッチのバッグを作るつもりで
買っておいた綺麗な秋色ウール糸。
e0292988_23251211.jpg
その後お仕事などが忙しくて取り掛かれず
今年、まずはミニマフラーを織ってみようということになりました。
e0292988_23244867.jpg
杉綾組織にブロックチェックもプラスして
途中にスリットを開けて織り
差し込んで使える工夫もしています。

e0292988_23254301.jpg
Kさんはラーヌ織でサンプルを制作中。
お家に有った残り毛糸やセーターを解いたものを利用して。
e0292988_23252753.jpg
オリーブグリーンの中に
ビビッドな色が効果的に配されています。
e0292988_23242618.jpg
Kさんのローゼンゴンも順調に進んでいます。
e0292988_23241301.jpg
最初は配色の図を書くのに苦心されていましたが
今は慣れてスイスイ織っていますよ。
次のクリスマス模様の制作が楽しみですね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。
# by teorimonogatari | 2018-10-30 23:28 | 教室 | Comments(0)