Tさん、Kさんの作品完成
今日の別府は
季節が一ケ月戻ったような温かさでした。
教室open前に掃除をしていると、汗ばむぐらい。

前回ご紹介した
TさんとKさんが織り上がり
機から降りました。
e0292988_20363991.jpg
最初はTさんのミニマフラーから。

e0292988_20365548.jpg
差し込み用のスリットも上手く織れています。
e0292988_20370662.jpg
細かい仕上げと縮絨はこれから。
経糸に余裕があり、配色が綺麗だったので
「予定より長く織ろうかな?」とTさん。
スリットの位置は再考の必要ありですが
一結びしても使える長さに仕上げました。
e0292988_20375439.jpg
実物は画像より少しシックな色合いのように思います。
顔映りもばっちりでとても素敵です。
e0292988_20381021.jpg
今日来ていた、もう一人のTさんも思わず撮影。教室内の評判は◎です。

そしてKさんのブンデンローゼンゴンも
可愛く織り上がりましたよ。
e0292988_20390705.jpg
男の子と女の子の顔を
少し大きめに織ったので
表情もくっきり。
e0292988_20383895.jpg
背景の優しい黄色の杢糸も効果的です。
明るく楽しい作品になりました。
e0292988_20392309.jpg
何よりも今回は
Kさんコツを掴んで自信を持って織っていましたね。
e0292988_20393790.jpg
楽しそうに織に取り組む表情を拝見していると
私もとても嬉しい気持ちになります。

手織ってやっぱり良いものですね!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。
[PR]
# by teorimonogatari | 2018-11-09 20:43 | 教室 | Comments(0)
ウールの恋しい季節になりました
すっかり更新をさぼっているうちに
澄んだ冷たい風の日も増えて
ウールに触りたい季節になりましたね。

教室でも、自然にウールを織る人が増えています。
今日は三人ご紹介します。
e0292988_23250192.jpg
まずTさんの破れ杉綾のミニマフラー。
一年前にツイードタッチのバッグを作るつもりで
買っておいた綺麗な秋色ウール糸。
e0292988_23251211.jpg
その後お仕事などが忙しくて取り掛かれず
今年、まずはミニマフラーを織ってみようということになりました。
e0292988_23244867.jpg
杉綾組織にブロックチェックもプラスして
途中にスリットを開けて織り
差し込んで使える工夫もしています。

e0292988_23254301.jpg
Kさんはラーヌ織でサンプルを制作中。
お家に有った残り毛糸やセーターを解いたものを利用して。
e0292988_23252753.jpg
オリーブグリーンの中に
ビビッドな色が効果的に配されています。
e0292988_23242618.jpg
Kさんのローゼンゴンも順調に進んでいます。
e0292988_23241301.jpg
最初は配色の図を書くのに苦心されていましたが
今は慣れてスイスイ織っていますよ。
次のクリスマス模様の制作が楽しみですね。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。
[PR]
# by teorimonogatari | 2018-10-30 23:28 | 教室 | Comments(0)
「にちにちこれこうじつ」
今週末から、映画『日日是好日』が公開になりました。
忙しい、忙しいと言いつつ
茶道を永く続けている、友人のAさんに誘われて
8日の先行公開を見に行ってきました。
e0292988_19055377.jpg
先行の6、7、8日は大分市のシネマ5bisにて
午前10:00から一回のみの公開でした。
9:40ごろbisに着くと、チケットを求める長蛇の列。
行列は「桐島部活やめるってよ」の
吉田監督の舞台挨拶の時以来の体験です。

その時とはお客さんの年齢層はかなり異なり
60才upの方が多く、70代、80代のご夫婦連れの姿も。
上映前にはTⅤで放映された
樹木希林さんのドキュメンタリーの内容について
話している声も多く聞かれました。
時間ぎりぎりまでどんどんお客様が入り、立ち見の出る大盛況。
画像は上映終了後、お帰りになる方々。
e0292988_19044046.jpg
映画は思っていたよりもずっと茶道のシーンが多く
所作一つ一つを丁寧に見せていきます。

主人公の典子と、いとこの美智子は
「形」を大切にするお茶の稽古に
最初は、戸惑いや疑問を感じながらも
週一回の稽古を淡々と続けていきます。

映画の冒頭のナレーションが
私達に大切なことを伝えてくれています。
e0292988_19063017.jpg
世の中には「すぐわかるもの」と「すぐわからないもの」の二種類がある。
すぐにわからないものは、長い時間かけて少しずつ気づいて、わかってくる。
子供の頃はまるでわからなかったフェリーニの『道』に
今の私がとめどなく涙を流すように。

黒木華さん、多部未華子さんが清楚でキュート。
そして樹木希林さんの抑えた演技が光ります。
見終わった後、気持ちの良い安らぎのようなものが
心を満たしてくれていました。
e0292988_19080857.jpg
私は織物を教えることを、仕事の一つにしています。
織物は「○○道」ではないので
カタチや所作を気にするようなことはありません。
スピード重視の現代では
ついつい、教える側も、習う側も
「すぐわかるもの」を求めがち。

でも「すぐわからないもの」も
大切にご指導していきたいと思います。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。
[PR]
# by teorimonogatari | 2018-10-14 19:10 | 感想雑記 | Comments(2)
久しぶりの教室です
大分県では先週末から国民文化祭が始りました。
多彩なイベントが県内各地で開催中です。
e0292988_21392830.jpg
私も努めて足を運びたいと思っています。
(別府公園で開催中のアニッシュ・カプーアはお薦めですよ。)

さて、織物教室は1日から一週間お休みを頂いていたので
9日が久しぶりの教室になりました。
皆さんそれぞれ制作に励んでいます。
e0292988_21391005.jpg
Hさんは二重織のサンプル継続中
丁寧に織っています。

Tさんは昼夜織を三枚織り上げました。
e0292988_21394959.jpg
e0292988_21402018.jpg
経、緯の配色が効果的ですね。

wさんは楽しみながら織った綴れ織が終了。
e0292988_21382743.jpg
e0292988_21384214.jpg
そして次の作品から
アッシュフォードのテーブルルームを使うことになりました。
e0292988_21404146.jpg
織機に慣れるために、マフラーを一本作ることに。
「穴が大き目なので綜絖通しがやり易いです」とwさん。
e0292988_21405523.jpg
織機もいろいろなものを使うと勉強になります。
どんどん使いこなしていきましょう!

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。
[PR]
# by teorimonogatari | 2018-10-11 21:43 | 教室 | Comments(0)
「色彩あふれる生活のすすめ」

連休初日の今日22日。
OPAM(大分県立美術館)のレクチャー&ワークショップ
「色をめぐる7つのお話」の第3弾に参加してきました。

テキスタイルデザイナー、鈴木マサル氏によるレクチャー
「What’s Textile Design?
   色彩あふれる生活のすすめ」です。
e0292988_00022486.jpg
自身のブランド(オッタイピイヌ)をはじめ
マリメッコやユニクロなど国内外の
数多くのブランドテキスタイルを手掛ける鈴木さん。
e0292988_23595539.jpg
e0292988_00002885.jpg
会場にも沢山の布が展示されました。
色彩が溢れて、参加者のテンションがあがります!
e0292988_00012344.jpg
e0292988_00013770.jpg
お話は二部構成で
前半は大学でのテキスタイルデザインとの出会いから始まり、
手掛けた布の数々の画像を見ながら
ご自分がデザインするときの 意識の変遷を語られました。
e0292988_00014924.jpg
近年の仕事はテキスタイルの枠を飛び越え
病院、保育園等、空間デザインも手掛けけているそう。
鈴木さんの個性的な動物が 子供たちに語り掛けます。


e0292988_00020360.jpg
自信に裏付けされた自虐や、デザイナーの苦悩を織り交ぜた
率直かつ、ユーモアのあるお話に惹き込まれます。

休憩を挟んで
後半は自身がコレクションしている、
マリメッコなどの1950年代、60年代、70年代ごろに発表された
ビンテージのファブリックを披露してくださいました。
(マリメッコ最初の日本人デザイナーとなった 脇阪克二さんの布も何枚かお持ちでした。)
e0292988_00035087.jpg
私はプリントのビンテージを見るのは初めてです。
シルクスクリーンの「重版」によって出る色、滲み、掠れなど
織とは違う味わいを知る、貴重な体験になりました。

鈴木マサルさんのお話で印象に残ったこと。
以下、私なりのまとめです。

「インテリアファブリックは
 ベージュやモノトーン等、無地に近いのものが良く売れる。
 それには、無難、飽きがこない、用途が広がる等、
 様々な理由が考えられる。
 でも 無難に・・と流されるのではなく
 もっと自分の感性で 色や模様を選び取ることも大切なのではないか。

 色や模様は有っても無くても良いモノかもしれないけれど
 テーブルクロスやカーテンなどの色や柄を変えると
 空間は一変する。雰囲気を変えることができる。
 
 気軽に取り換えられるのは、テキスタイルの持つ強み。
 もっと暮らしに色を取り込んでみたら?
 汚い色というものは無い。(組み合わせがまずいということは有っても)
 色には気持ちを明るくしたり、元気にする力が有る。
 
 虹がもし、モノトーンのグラデーションだったら
 人々は不吉なものと捉えたかもしれない。

 カラフルだからこそ
 虹を、夢や希望のの象徴のように 思うのではないだろうか。」

 ↓カラフルな傘も鈴木マサルさんファブリック。
 とても人気だそうです。
 雨の日も楽しくなりますね。
e0292988_00025322.jpg
e0292988_00032363.jpg



私も日々糸の色と格闘していますが
もっともっと冒険してみたくなりました。
沢山の刺激をいただきました。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。
[PR]
# by teorimonogatari | 2018-09-23 00:13 | 学びの場 | Comments(0)