福岡レポート & Tさんのオーバーショット
6日水曜日は、織物教室はお休みして
工芸展&研究会のために
福岡へ行ってきました。

西部工芸展、染織展ともに
力作が多く、大変刺激になりました。
e0292988_12591510.jpg
岩田屋の日本染織工芸展では
普段なかなか観ることができない、アットゥシ織の帯地、
琉球舞踊の時に纏う着物など
珍しい作品も多く、見応えがありました。
どちらの展示も会場内は撮影不可。

西部伝統工芸展入口付近では
久留米絣の解説VTRが上映されていました。
e0292988_12585571.jpg
西部伝統工芸展は福岡三越で本日10日 17:00まで。
染織展は岩田屋で明日11日までの開催です。

工芸展鑑賞後、
鳥丸貞惠先生による、アジアを中心とした
捩り織フィールドワークの講演会に参加しました。
各地の捩り織のサンプルを拝見しながら
貴重なお話をきくことができました。


さて、変わって
先週の教室から、作品をひとつ紹介します。

今まで、様々な技法を勉強してきたTさんですが
以外にもオーバーショットはまだ織ったことが無いことが判明。
サンプルを兼ねて作品を一つ制作することにしました。
e0292988_12593600.jpg
初めてにしてはサイズは大きい作品。
e0292988_12595376.jpg
ボーダー状の部分の織り方を色々変えて
サンプル的に。
e0292988_13000828.jpg
一か所大きめの模様を集めて
見せ場もつくりました。
e0292988_13002288.jpg
「ここは織るのが大変でした」Tさん談です。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。
[PR]
# by teorimonogatari | 2018-06-10 13:01 | 感想雑記 | Comments(0)
今日から西部伝統工芸展
今日から福岡で西部伝統工芸展が始ります。

第53回西部伝統工芸展
2018年6月5日(火)~10日(日)[入場無料・展示販売]
福岡三越 9階=「三越ギャラリー」/岩田屋三越美術画廊
10:00~20:00 最終日は17:00閉館
e0292988_08191036.jpg
最高賞に当たる朝日新聞社大賞を
久留米絣着物「小夜時雨」を制作した
加藤伸子さんが受賞されました。


削ぎ落したデザインが
シンプルで、美しく瑞々しい印象の作品です。
e0292988_08194155.jpg

知念冬馬さんの 
紅型二枚重ね型着物「花降る島」が
西日本新聞社賞を受賞されています。
e0292988_08192924.jpg
毎日会場にて作品解説があります。
染織関係は6月10日14;00から(解説:築城則子氏)

私も今回
風通織木綿着物「雨降る窓辺で」を出品しています。
お近くの方はぜひお運びくださいませ。

また6月6日(水)~6月12日(火)の会期で
日本伝統工芸染織展が開催されます。(入場無料)
こちらは全国公募の染織展で
普段九州では見ることの少ない、
様々な技法の染織作品を鑑賞できる貴重な機会です。
岩田屋本店 本館7階=大催事場(最終日は17時閉場)

合わせてご覧ください。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。
[PR]
# by teorimonogatari | 2018-06-05 08:20 | 学びの場 | Comments(0)
色使いに刺激をもらいます
更新を怠っているうちに
もう6月に入りました。

今日3日は、別府市は全市一斉清掃日。
家の空き地に育成(?)放置していた
苧麻を抜いて、手入れを少々しました。
宿根草なので、また即生えてきます。

苧麻を糸にする余裕が、今は無いのですが
以前こだわって植えた品種なのです。
時間が取れた時に備え
なるべく絶やさないように、残していこうと思っています。
e0292988_14354708.jpg
さて最近の教室から
印象的な色の
個性的な生徒さんの作品をご紹介しましょう。
e0292988_14360001.jpg
まず、夜のクラスに来てくれているAさん。
ラーヌ織が織り上がりました。
e0292988_14481625.jpg
右手に痛みがあるので、緯糸を入れる作業は
私がサポートに入るのですが、
Aさんの色のチョイスが個性的。
そしていつも即決、迷いがありません。
e0292988_14483035.jpg
今回はあえて、編みたわし制作に良く使われる
アクリルのニット糸を使い
その色を活かした作品に。
e0292988_14484654.jpg
最初は自身が描いた
デザイン画のイメージで織進めましたが
後半は、どんどん自由に、ランダムに。
e0292988_14485565.jpg
見ていると、元気が出てくる作品です。

次は、土曜日のクラスに来ているMさん。
初めての手紡ぎのマフラーが機から降りました。
e0292988_14491495.jpg
経糸に温かみのある優しい赤を。
e0292988_14492748.jpg
緯糸は赤みがかった茶と
ライムグリーンの原毛をミックスして
丁寧に紡ぎました。
e0292988_14494019.jpg
一言で何色とは表現できない
深みのある不思議な色に仕上がりました。
e0292988_14495035.jpg
教室内の評判も上々です。

他の方の色使いに
皆さん刺激されっぱなしなんです。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。
[PR]
# by teorimonogatari | 2018-06-03 14:51 | 教室 | Comments(0)
涼しげな作品2点
今日の別府は、気温が上がり
爽やかな五月らしい陽気になりました。

最近の教室で織り上がった作品の中から
そんな季節のインテリアに大活躍しそうな
2点を紹介しましょう。
e0292988_21252695.jpg
まずHさんが取り組んだ、
初めての織成技法のハンギングです。
透けているので、背景がちょっと良く無くてすみません。(汗)
e0292988_21254859.jpg
ベースは未晒のリネン。
ナチュラルなグレーの中に
くるくるのループウールを織り込んで。
e0292988_21260494.jpg
e0292988_21262279.jpg
シンプルな形に ブルーマルチカラーのブークレで
さりげない変化を付けています。

次はSさんの、リネンと苧麻を使ったタペストリー。
e0292988_21265280.jpg
e0292988_21270210.jpg
ぱっとみ、平織に見えますが
経糸の動きを工夫して
皮つきの苧麻の表情が単調にならないようにしています。
e0292988_21271801.jpg
なかなか凝った感じ。
どんなお部屋にも合いそうです。
e0292988_21273034.jpg
今日のお話だと
もう、お友達にプレゼントしたそう。
「とっても喜んでくれたの!」とSさん。
e0292988_21274723.jpg
そうでしょう、そうでしょう。
私も欲しいですもの(笑)

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。
[PR]
# by teorimonogatari | 2018-05-12 21:29 | 教室 | Comments(0)
タオル美術館 その2

今回は
美術館に展示された、タオルの数々を紹介。

前回の糸巻きオブジェもそうでしたが
タオル美術館の目玉の一つが「ムーミンと仲間たち」のようです。

タオルのデザインも 様々なムーミンの世界が表現されていて
ムーミン好きならたまらないのではないでしょうか?

展示用に制作した長ーいタオルなどは
デザイン的にも見応えがあります。
e0292988_20280134.jpg
e0292988_20270958.jpg
e0292988_20272350.jpg
e0292988_21150328.jpg
e0292988_21144880.jpg
e0292988_20273729.jpg
e0292988_20274654.jpg
九谷焼きの色彩を表現したタオル。面白い試みです。
e0292988_21155329.jpg
e0292988_21153239.jpg

キャシー中島さんのハワイアンキルトをタオルで表現。
これもタオルとは思えないサイズです。
e0292988_20361036.jpg
e0292988_20354140.jpg
視覚効果を狙ったアート的なデザインのタオル。
この辺は私好みです。(笑)
e0292988_20475185.jpg
e0292988_20472953.jpg
e0292988_20481660.jpg
e0292988_20480639.jpg
壁面や床にカラフルな糸巻きを埋めこんで。
e0292988_20282751.jpg
美術館らしい見せ方です。
e0292988_20284046.jpg
糸などは残念ながら売っていませんでしたが
綿糸の発色が美しいなあと思いました。

ここで紹介したのは、ほんの一部。
展示も盛り沢山ですし、タオルショップもとても充実しています。

タオルが私達にとって、もっとも身近な織物であることを
再認識できる美術館です。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。
[PR]
# by teorimonogatari | 2018-05-07 20:55 | 感想雑記 | Comments(0)