ハリスツイードとアランセーター
e0292988_10411433.jpg◇「一織・人織」 作品展のご案内
別府市の織物教室で出会った作家達のグループ展。マフラー、テーブルセンターからタペストリー、着物まで様々な手織り作品を展示します。
手織りの多様な表現にぜひ触れてみてください。


さて私は今
綜絖通しをしています。
e0292988_78021.jpg

この糸にもなれたなあ。
前ほど大変に感じなくなりましたが
e0292988_783918.jpg

本数が多いので
やっぱり数日かかります。

そんな時、
手織作家のtabbycatさんが
陣中見舞いに寄ってくれました。

「こんな本が出てましたよ。」と
みせてくれたのが
この本です。
e0292988_7123677.jpg

一昨年、ANAの機内誌〝翼の王国″に
アランセーターの特集が掲載されていました。

その機内誌を持ち帰り
教室の皆さんと話題にしていたのですが
どうやらその前に、ハリスツイードの特集記事もあったらしい。
二つの記事に加筆、再編集して出版されたのが
〝ハリスツイードとアランセーター″(万来舎)

写真、文章ともに、糸、布、風景、人を
美しくとらえていて癒されます。
しかしきれいごとでは終わらない
手仕事の現実もしっかり見つめています。
e0292988_7105577.jpg

以下は〝あとがき″からの抜粋です。

この本に登場しているクラフトマンシップの
担い手の多くは70歳、80歳といった高齢者が多く、
彼らが少しでも長く元気に活躍してくれることを
祈るばかりだが、現実的に10年後に
同じ取材ができる保証はどこにもない。

本書で描きだされた彼らの姿を、貴重な資料を含め、
こうして一冊の本として形にすることができたことを
とても嬉しく、また誇りに思っている。

お薦めの本です。
br clear=all>にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。


e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。

[PR]
by teorimonogatari | 2013-09-11 07:18 | 感想雑記 | Comments(0)
<< 気持ちの良い一日 九月に入り、織りに向かう >>