色 イロ いろ
e0292988_10411433.jpg◇「一織・人織」 作品展のご案内
別府市の織物教室で出会った作家達のグループ展。マフラー、テーブルセンターからタペストリー、着物まで様々な手織り作品を展示します。
手織りの多様な表現にぜひ触れてみてください。


今晩は中秋の名月。
しかも満月とか。楽しみです。

16日の敬老の日は、風が治まってきたので
宇佐市の大分県立歴史博物館に出かけました。
企画展「色 イロ いろ」を観るためです。
e0292988_1930953.jpg

博物館の企画ですから
美術品を見せる、という展示ではありません。
e0292988_19314446.jpg

人が歴史の営みの中で
どのように色を使ってきたのか。
それを、様々な角度から見せる展示でした。
e0292988_19321280.jpg

古墳の壁画や副葬品を彩った顔料。
飛鳥時代等、復元した古代衣装。
桃山時代の絵巻。
陶磁器、能面、浮世絵などなど・・・
ジャンルはとても広範で
大分県にゆかりのあるものが集められています。
e0292988_19325274.jpg

染織関係は筒描きのふとん地と
大正期の染帯が数点展示されていました。
大分県には
伝統的な染織工芸が無いため
そこは、少しさびしい展示ではありました。

近年「豊後しぼり」など、地域に根差した
染織に取り組む方も出てきていますので
今後に期待したいと思います。
染織に係る身としては
自分もなにかできないか?といつも考えています。

子供たちが見ると「色」というものの捉えかたが
少し変わるような、良い企画だと思いました。
9月23日(月)までの開催です。
e0292988_1936834.jpg

博物館の展望台からの眺めです。
風がわたる水田の向こうには
古墳群が拡がっていました。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。


e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。

[PR]
by teorimonogatari | 2013-09-19 19:56 | 感想雑記 | Comments(0)
<< 夜のクラスにて 気持ちの良い一日 >>