初めて寄ってみた【民芸伊予かすり会館】その3
さて、今回は絣布の展示室のご紹介。
貴重な古布も沢山飾られています。
e0292988_21591455.jpg
伊予かすりの変遷の図。
産地の成り立ちが良く解ります。

織布の種類の展示。
布の幅によって呼び名に違いがあるのですね。
幅16からを着尺と呼ぶようです。
e0292988_21593871.jpg
e0292988_21595693.jpg

興味深かったのが
手織の絣と、機械織の絣の比較です。
これは手織↓
e0292988_22001631.jpg
そしてこれが機械織↓
e0292988_22004878.jpg
比較すると、手織りの絣の絵柄の「ずれ」が より目立ちます。
それが、味わいになっているのでしょう。
機械織は白場がくっきり浮かび上がっています。。

最後に 工房の方に飾ってあった絣。
最近の作品のようです。
e0292988_22011375.jpg
ラメなども織り込まれていて
モダンな作品です。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。
[PR]
by teorimonogatari | 2014-03-26 22:24 | 感想雑記 | Comments(0)
<< Yさんのラーヌ織 初めて寄ってみた【民芸伊予かす... >>