変形ワッフル織
「ざっくり、エアリーな布」
そんなイメージで
Tさんが織っていた、ワッフル織。
実は八枚綜絖の変形ワッフルで
四角い枠を 一段づつ交互にずらしていきます。
e0292988_10313792.jpg
細いヘンプの単糸を使い ざっくりと。
「組織が見えにくいので、間違ってもわからないわ~」
と、Tさん自分でも出来上がりのイメージに
やや不安を抱きつつ織りすすめ・・・
昨日ようやく機から降りました。
e0292988_10321120.jpg
光線の具合で 組織が浮かび上がり
空気を織り込んだような
儚げな表情がグッド!
e0292988_10315320.jpg
細いヘンプを使っていますが
ひっかかりがあるので
結構、布はしっかりしています。
多目的に使えそうです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。
[PR]
by teorimonogatari | 2014-05-10 10:38 | 教室 | Comments(2)
Commented by atelier-hinagiku at 2014-05-11 07:37
こ、これは!(゜o゜)
見たことないようなワッフル織りです。素敵ですね~
織るのが大変そうですが、豪華です。

一段ずつ交互にずらすの意味がちょっとわかりませんでした。
四角の並び方が違うのでしょうか?
Commented by teorimonogatari at 2014-05-11 18:16
はい、ひなぎくさん。
太目の糸で詰めて織れば、もう少しわかりやすい画像になるのですが
四角の縁の部分が、段ごとにずれていきます。
一段目の四角の真ん中の位置に、次の段の四角の縁が出てきます。
普通のワッフルよりも動きが出て不思議な感じがしますよ。
扱いにくい糸なのにTさんは上手に織りあげました。
<< 初めての織り方 夜のクラス >>