奥行のある表情・・・もじり織り
制作の過程を時々お伝えしていた
Tさんの もじり織りが機からおりました。
e0292988_10294072.jpg
経糸を二重織のようにしかけて
もじりを組み合わせた織り。
素材感も相まって
奥行のある表情が特徴です。
e0292988_10300103.jpg
とくに技法書で紹介されているわけでは無く、
教室でTさんと話合いながら作っていった技法です。
e0292988_10301720.jpg
Tさんのなかに
創りたいイメージがあり、
そこに技法を
寄り添わせていった結果といえるでしょう。

e0292988_10303603.jpg
月二回来て下さっていて
制作に半年近くかかった労作です。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。
[PR]
by teorimonogatari | 2015-12-12 10:34 | 教室 | Comments(2)
Commented by atelier-hinagiku at 2015-12-12 22:45
アトリエひなぎく、ひなぎこで~す。
すごく凝った織りですね。
裏表が違うんでしょうか?
半年間!お疲れさまでした(@_@;)
宝物ですね!
ステキな作品を作られる生徒さんがたくさんいらっしゃるんですね~
Commented by teorimonogatari at 2015-12-12 23:11
ひなぎこさん、ありがとうございます。
織のキャリアが長い人は
手の込んだ物をつくることが最近多いのです。
難しい相談をうけることも多くて
私も一生勉強ですよ。(汗)
メリノトップ応募が沢山来そうですね。
今ウールで制作する余裕が無いので
私は遠慮いたしました。(笑)
盛り上がりそう!良い企画ですね。
<< 「あん」 糸と加湿器 >>