「にちにちこれこうじつ」
今週末から、映画『日日是好日』が公開になりました。
忙しい、忙しいと言いつつ
茶道を永く続けている、友人のAさんに誘われて
8日の先行公開を見に行ってきました。
e0292988_19055377.jpg
先行の6、7、8日は大分市のシネマ5bisにて
午前10:00から一回のみの公開でした。
9:40ごろbisに着くと、チケットを求める長蛇の列。
行列は「桐島部活やめるってよ」の
吉田監督の舞台挨拶の時以来の体験です。

その時とはお客さんの年齢層はかなり異なり
60才upの方が多く、70代、80代のご夫婦連れの姿も。
上映前にはTⅤで放映された
樹木希林さんのドキュメンタリーの内容について
話している声も多く聞かれました。
時間ぎりぎりまでどんどんお客様が入り、立ち見の出る大盛況。
画像は上映終了後、お帰りになる方々。
e0292988_19044046.jpg
映画は思っていたよりもずっと茶道のシーンが多く
所作一つ一つを丁寧に見せていきます。

主人公の典子と、いとこの美智子は
「形」を大切にするお茶の稽古に
最初は、戸惑いや疑問を感じながらも
週一回の稽古を淡々と続けていきます。

映画の冒頭のナレーションが
私達に大切なことを伝えてくれています。
e0292988_19063017.jpg
世の中には「すぐわかるもの」と「すぐわからないもの」の二種類がある。
すぐにわからないものは、長い時間かけて少しずつ気づいて、わかってくる。
子供の頃はまるでわからなかったフェリーニの『道』に
今の私がとめどなく涙を流すように。

黒木華さん、多部未華子さんが清楚でキュート。
そして樹木希林さんの抑えた演技が光ります。
見終わった後、気持ちの良い安らぎのようなものが
心を満たしてくれていました。
e0292988_19080857.jpg
私は織物を教えることを、仕事の一つにしています。
織物は「○○道」ではないので
カタチや所作を気にするようなことはありません。
スピード重視の現代では
ついつい、教える側も、習う側も
「すぐわかるもの」を求めがち。

でも「すぐわからないもの」も
大切にご指導していきたいと思います。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。
[PR]
by teorimonogatari | 2018-10-14 19:10 | 感想雑記 | Comments(2)
Commented by atelier-hinagiku at 2018-10-15 07:53
アトリエひなぎくです。こんにちは。

うんうん、うなずきながら読みました。
わたしもすぐには分からないものを、分かろうと努力している途中です。
Commented by teorimonogatari at 2018-10-15 10:06
ひなぎこさん、こんにちは。
はい、私も同じく途中です。いやいやずっとかも。
映画を見て「形」のあるお習い事も良いものだなあと
思ったりしました。

アトリエひなぎくの生徒さんの作品
素敵なものが 沢山出来ていますね。
楽しく制作されている様子が目に浮かびます。

<< ウールの恋しい季節になりました 久しぶりの教室です >>