2018年 07月 01日 ( 1 )
とっても良かった「アート&デザインの大茶会」
自分の着物制作が煮詰まり
どうやら 中断することになりそうです。(苦笑)
e0292988_22312645.jpg
そこで気分転換を図ろうと
今日は現在OPAM(大分県立美術館)で開催中の
「アート&デザインの大茶会ーマルセル・ワンダース、須藤玲子、ミヤケマイ」
を観るために大分へ出かけました。
e0292988_22314404.jpg
この三人のアーティストの作品は
元々OPAMのエントランスホールに常設展示されていて
いわばOPAMの顔的な存在。

今回は新作による企画展。
テキスタイルデザイナーの須藤玲子さんの作品がお目当てでしたが
以外にもというか、当たり前。お三人共に大変素晴らしかった。
色々な見せ方があると思いますが、
私は特定の作家の作品を ある程度まとめて鑑賞したい。
今回のように多くの作品を観ることで、作家の意図が明確になると感じました。
e0292988_22315619.jpg
第一室のマルセル・ワンダースはゴージャスで華やか。
極めて装飾的なデザインで 夢の世界に誘われます。
e0292988_22322327.jpg
織ブログなので
ポップなラグにフォーカスしてみました。
e0292988_22321209.jpg
タイトルは「モンスターガーデンカーペット」


第二室は自動ドアが開くなり
「おー、これは・・!」と思わず声が出ました。
須藤玲子デザインの布のこいのぼりが部屋一杯に拡がります。
e0292988_22324511.jpg
実際に動いているわけではないのですが
森のような音響と照明効果が相まって 半端ない(笑)浮遊感なのです。
e0292988_22331849.jpg
e0292988_22333867.jpg
置いてあるビーズソファー(?)に座って見上げると とても癒されます。
e0292988_22335807.jpg
布にこんな力があること、改めて驚きました。
e0292988_22350045.jpg
e0292988_22352142.jpg
e0292988_22344720.jpg
e0292988_22343258.jpg
布は一つ一つ構造的にもとても面白い物ばかりです。
幾つかアップで撮ってみました。


第三室はミヤケマイのインスタレーション。
私は彼女の存在をあまり知らなかったのですが(すみません)
今回ですっかりファンになりました。
e0292988_22353787.jpg
現代アート、日本画、工芸
どのジャンルにも属すような属さないような。
そして最先端のテクノロジーも駆使されているらしい・・・。
e0292988_22355148.jpg
初めてなのに、不思議と既視感がある。懐かしさを感じます。

e0292988_22362071.jpg
会場内に居たスタッフの方のお話だと、彼女のコンセプトの一つに
「見えているものがすべてではない」ということがあるそうです。
e0292988_22363708.jpg
鑑賞者に能動的な体験を促し、記憶を引き出す。そんな感じでしょうか・・・。

「アート&デザインの大茶会」まだの方はぜひ行ってみてください。
7月22日(日)までOPAM(大分県立美術館)に於いて開催中です。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。
[PR]
by teorimonogatari | 2018-07-01 22:42 | 感想雑記 | Comments(2)