2018年 09月 02日 ( 1 )
思い出の道具箱
先日差し入れでいただいた
クラシックな装飾が素敵な お菓子の箱。

サイズにピンときて
織の道具を入れてみました。
e0292988_21434041.jpg
綜絖通し、筬通しなどがぴったり入ります。
手織用のつげの櫛は
幅も長さも 誂えたようです。
e0292988_21463560.jpg

「よし、道具箱にしよう。」と悦に入っていると
内側の金色の模様に 目が留まりました。

「どこかで見たような・・。」と思ったとたん
記憶が走馬灯のように 頭の中をぐるぐる回り
あることに気が付いたんです。

学生時代の私の織の先生が
この箱を 織の道具箱にしていたことを・・・!
ちょっと「ぞわっ」としました。(鳥肌)
e0292988_21451616.jpg
「お菓子の箱なのよ~。ぴったりでしょ。」
と話す 先生の笑顔の記憶。
間違い無い。この箱です。

調べてみると このお菓子はドイツのメーカーの物で
当時はまだ日本では販売していなかったらしい。

先生はお土産、もしくは旅行の際
手に入れたのでしょう。
大切に使っていたのには
なにか理由が有ったのかもしれません。
e0292988_21444085.jpg
今はネットで なんでも手に入りますが
先生の思い出にもつながるこの箱を 大切に使おうと思います。

今回はとっても私事なお話でした。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手織り・機織りへ
にほんブログ村 ← ブログランキングに参加しています。左のアイコン(手織り)をポチッとクリックしていただけると順位が上がり励みになります。よろしくお願いします。
e0292988_171331.jpg※ 織物教室等の見学、体験をご希望の方は右上の “ プロフィールを見る ” から、電話でお問い合わせください。非公開コメント(鍵コメ)やメールでのお問い合わせでも結構です。お気軽にどうぞ。
[PR]
by teorimonogatari | 2018-09-02 21:49 | 感想雑記 | Comments(0)